会社概要・沿革

会社概要

称号 メキシケム ジャパン株式会社
本社 〒140-0002 東京都品川区東品川2丁目2-20 天王洲郵船ビル14階
三原製造所 〒723-0015 広島県三原市円一町1丁目1-36
設立 1992年5月
資本金 7億2千万円
代表取締役社長 駒井 亨
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行
事業内容 各種フルオロカーボンの製造販売、フルオロカーボン類の分解処理、再生。
親会社 メキシケム フロー エセ・ア・デ・セ・ヴェ 他
子会社 台湾美希化工有限公司
関係会社 メキシケム UK リミテッド(英国)
メキシケム フロー インク(米国)

沿革

1992年5月 英国ICIと帝人(株)の折半出資により、アイ・シー・アイ帝人フロロケミカル株式会社設立
1993年11月 三原製造所(広島県三原市)でクリー134aを生産開始
1996年10月 三原製造所内でフルオロカーボン類の分解処理開始
1997年1月 「ISO9002」取得 三原製造所
1999年9月 オゾン層保護大賞 優秀賞受賞
1999年10月 「ISO14001」取得 三原製造所
2001年1月 ICIのフッ素化学品事業売却に伴い、イネオスグループ100%の子会社となり、
イネオスケミカル株式会社に社名変更
2001年2月 ICIジャパンよりフッ素化学事業の営業権を取得し、製販一体の事業活動を開始
2001年2月 産業廃棄物処分業許可を取得
2001年3月 「OHSAS18001」適合認証 三原製造所
2001年4月 「QS9000」取得 三原製造所
2002年4月 フロン類破壊事業者許可を取得 三原製造所
2004年4月 「ISO9001」「TS16949」取得 三原製造所
2007年6月 台湾において各種混合冷媒の生産開始
2008年10月 英力士弗化学台湾有限公司設立(現 台湾美希化工有限公司)に伴い、
台湾での生産事業を移管
2010年4月 イネオスのフッ素化学品事業売却に伴い、メキシケムグループ100%の子会社となり、
メキシケムジャパン株式会社に社名変更
2011年12月 昭和電工(株)川崎事業所内でクリー125を生産開始